返金はできない!WebMoneyを買う前に知っておくべき事

返金はできない!WebMoneyを買う前に知っておくべき事

WebMoneyというのはインターネット上で使える電子マネーですが、返金はできないという注意点があります。

一旦購入してしまったら、返品するようなことはできないということです。

これは単に間違えて買ってしまったという場合でもそうですし、使うつもりで買ったけれども結局使わなかったとか、一部は使ったけれども残りについては使う予定がないから払い戻したいという場合でもそうです。

要するに返金は一切受け付けていないということですから、この点には注意する必要があるでしょう。

WebMoneyの利用できる範囲が増えている

ただ、WebMoneyの利用可能範囲はかなり広くなってきています。

ネットショッピングはもちろんのこと、オンラインゲーム、さらには最近増えてきている有料の動画や音楽、書籍の配信サービスなどでも使うことができますから、買ったけれども全く使わないとか、使うところがないといったことは普通に考えて起こるようなことではないでしょう。

購入者以外でも利用できるWebMoney

もしどうしても余ってしまったというようなことがあれば、WebMoneyは購入者以外であっても誰でも使うことが可能です。

この点、カードに名前が書かれている人以外はたとえ家族であっても利用禁止となっているクレジットカードとは仕組みが異なります。

ですから、自分ではどうしても使わないという場合であれば、ネットショッピングをしようとしている家族や友人にそれを使わせてあげればよく、その分だけのお金をもらえば、事実上は換金したことにはなります。

多少恥ずかしいかもしれませんが、これは別に規約などで禁止されているわけではありません。

そして、WebMoneyには有効期限というものは存在しません。

世の中にあるポイントカードなどの中には、例えば1年とか2年くらいで有効期限が切れてしまうものがあったりしますが、こちらは有効期限が一切存在しないのです。

ですから、たまたま残ってしまった分であっても、そのまま持っておけばいずれはまた使うことがあるでしょうからそのときに使えばよいことで、とくに焦ったりする必要は全くありません。

返金できないけれど有効期限はなし!WebMoneyならいつでも使える!

ということで仕組みとして返金ができないことをあまりにも気にすることはありませんが、もちろん必要以上に購入することはないでしょう。

WebMoneyはいくつかの種類というか、いくつかの購入単位が決められていますが、まとめて高額のポイントを購入したからといってとくにプレミアムなどはありません。

その意味では、必要な分だけを購入するというのが賢いやり方かもしれません。

購入単位は最小500円から最高50000円となっていますが、購入する店舗によっては、これよりも狭い範囲内とか、少ない種類しか販売していないこともあります。

例えば2000円と5000円しか販売していないといった具合です。最も手軽と思われるコンビニでの購入の場合は、2000円、3000円、5000円、10000円、20000円といったあたりが購入できるようになっていますので、自分に合わせた金額のものを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です